【黒松賞】(中山)~デンタルバルーンが悠々逃げ切り連勝 [News]
2019/12/07(土) 14:55
中山9Rの黒松賞(2歳1勝クラス・芝1200m)は3番人気デンタルバルーン(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分9秒3(稍重)。3馬身差の2着に1番人気プリンスチャーム、さらに2馬身半差の3着に5番人気コスモカッティーボが入った。

デンタルバルーンは栗東・牧浦充徳厩舎の2歳牝馬で、父トゥザグローリー、母デンタルハイジーン(母の父プリサイスエンド)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 デンタルバルーン(田辺裕信騎手)
「気が勝るところがありますが、スピードのある馬です。少し落ち着いてくると、さらに良くなると思います」

2着 プリンスチャーム(W.ビュイック騎手)
「勝ち馬を見ながら良い位置でレースを進められましたが、今日は相手が悪かったです。また1200mだとテンに出して行かないといけないので、1400mくらいが良いかもしれません」

8着 ニルカンタテソーロ(大野拓弥騎手)
「馬の感じは良かったのですが、レースになるとノメッてしまって、競馬になりませんでした」