【メイクデビュー】(阪神5R、6R)マテンロウディーバ、エイシンアメンラーがそれぞれ新馬勝ち [News]
2019/12/07(土) 14:14
阪神5Rのメイクデビュー阪神(牝馬・芝1400m)は1番人気マテンロウディーバ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気タッチザモーメント、さらにクビ差の3着に4番人気ヴィルトゥオシタが入った。

マテンロウディーバは栗東・中内田充正厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母ライトニングパール(母の父Marju)。

~レース後のコメント~
1着 マテンロウディーバ(川田将雅騎手)
「調教より実戦の芝の方が良さを感じられました。幼いので身体も心もより成長してくれればと思います」

2着 タッチザモーメント(松山弘平騎手)
「芝の走りが良いですし、センスがあります」

5着 ユヌエトワール(岩崎翼騎手)
「調教と比べて、レースではハミを取って良かったと思います。次が楽しみです。短い距離の方が良いと思います」

8着 カレンヒメ(北村友一騎手)
「母に似てピッチ走法でした。1400mの流れで、ペースを落としたいところでムキになり、ペースを落とせませんでした」



阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は7番人気エイシンアメンラー(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒8(良)。7馬身差の2着に5番人気ワンダーコンパス、さらに半馬身差の3着に6番人気エイシンファイターが入った。

エイシンアメンラーは栗東・野中賢二厩舎の2歳牡馬で、父American Pharoah、母I O Ireland(母の父Giant's Causeway)。

~レース後のコメント~
1着 エイシンアメンラー(福永祐一騎手)
「ゲートが速いですね。反射神経が良い感じです。今日は時計がかかる馬場も良かったように思います。まだバランス面など課題はありますが、これから良くなるでしょう」

2着 ワンダーコンパス(小牧太騎手)
「調教通りに走ってくれました。まだ物見の激しさなど課題はありますが、そのうち良くなりそうです」

3着 エイシンファイター(松山弘平騎手)
「気難しい面がありゲートの中でうるさい面を見せたりしましたが、能力の高い馬です。今日も最後はしっかり来ています。ただ内にもたれるような面が出ています。良い馬なだけに、その点が改善されればもっと走ってきそうです」

5着 ダイヴィンダート(幸英明騎手)
「まだ初めてという感じのレースで、ハミがかかっていない感じでしたが、このレースを使って変わってきそうです」