【ラピスラズリS】(中山)~ナックビーナスが地力で押し切り久々の勝利 [News]
2019/12/01(日) 16:41
中山11Rのラピスラズリステークス(3歳以上オープン・リステッド・芝1200m)は1番人気ナックビーナス(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒5(良)。2馬身半差の2着に3番人気ハウメア、さらにクビ差の3着に7番人気キングハートが入った。

ナックビーナスは美浦・杉浦宏昭厩舎の6歳牝馬で、父ダイワメジャー、母レディトゥプリーズ(母の父More Than Ready)。通算成績は35戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 ナックビーナス(田辺裕信騎手)
「スタートが決まり、ペースも落とすことができました。うまく脚をためることができて、それが最後の伸びにつながったと思います。良い時に乗せてもらいました」

2着 ハウメア(丸山元気騎手)
「外枠でスムーズな競馬ができました。勝ち馬は楽をしていますし、仕方ないです」

3着 キングハート(松岡正海騎手)
「本当はアルマエルナトの位置を取りたかったんですが......。外を回らされて58キロでもよく走っています。まだまだ使って良くなる雰囲気です」

4着 アルマエルナト(柴田大知騎手)
「最初からペースを落とされて、力んで走っていましたが、途中から落ち着きを取り戻し、よく頑張ってくれました」