【葉牡丹賞】(中山)~グランデマーレがレコードで新馬戦に続き連勝 [News]
2019/11/30(土) 18:14
中山9Rの葉牡丹賞(2歳1勝クラス・芝2000m)は2番人気グランデマーレ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒9(良)のレコード。1馬身差の2着に8番人気エヴァーガーデン、さらにクビ差の3着に1番人気ダーリントンホールが入った。

グランデマーレは栗東・藤岡健一厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母グランデアモーレ(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 グランデマーレ(藤岡佑介騎手)
「強い競馬だったと思います。前走は押し出されてハナに立つ競馬だったので、今日は馬の後ろで控えるレースをしようと思っていました。引っ張ってくれる馬もいて、理想的なレースだったと思います。溜めて切れるというよりも、最後まで長く脚を使ってくれるので、早めに動いて行きました」

(藤岡健一調教師)
「馬の様子を見て、ホープフルステークスへ向かうつもりです。そのために、中山を走らせました」

2着 エヴァーガーデン(丹内祐次騎手)
「乗りやすい馬で、よく頑張っています。距離はもう少し長くても大丈夫だと思います」

3着 ダーリントンホール(W.ビュイック騎手)
「前半少し掛かりましたが、良い位置で上手く流れに乗ることが出来ました。追ってからの反応がもうひとつだったのは、久々だったからだと思います」

4着 サペラヴィ(石橋脩騎手)
「一回休ませて、気持ちもリフレッシュし、落ち着いていました。そこそこ、ペースも流れている割に勝負どころでもペースアップしましたが、最後まで一生懸命走ってくれるのが何よりです」