【メイクデビュー】(阪神6R)~フェルカドが好位追走から抜けてデビュー勝ち [News]
2019/11/30(土) 17:59
阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は2番人気フェルカド(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。1馬身1/4差の2着に7番人気エムテイフラッシュ、さらにクビ差の3着に6番人気グレアミラージュが入った。

フェルカドは栗東・角田晃一厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母リトルディッパー(母の父アグネスワールド)。

~レース後のコメント~
1着 フェルカド(C.ルメール騎手)
「ずっと同じペースでした。物見をしてズブい面がありました。でも止まりませんでした。距離はちょうど良いですね。ダートの方が良い馬です」

2着 エムテイフラッシュ(幸英明騎手)
「ズブい感じで、追走は追っつけながらでした。外に出したらよく伸びてくれました。走りそうな感じは持っていました。レース慣れしてくれば、もっと良くなりそうです」

3着 グレアミラージュ(松山弘平騎手)
「行く馬がいなくて、内枠という事もあり、押し出されるようにして、行く形になりました。外に張り気味で集中し切れない中、よく頑張ってくれました。逆に集中すれば、もっと際どいレースになったと思います」

4着 ベルウッドヤワラ(和田竜二騎手)
「ピリッとした走りでした。勝ち馬を見ながら楽に行けました。頭の高い走りでしたが、時計も詰められるでしょうし、使っていって良くなりそうです」

5着 サンラディウス(R.ムーア騎手)
「砂を被って、進んで行きませんでしたが、今日レースを教えたので、次は変わると思います」