【メイクデビュー】(中山6R)~シアトルテソーロが差し返してデビュー勝ち [News]
2019/11/30(土) 17:54
中山6Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気シアトルテソーロ(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒8(稍重)。クビ差の2着に3番人気ベルウッドネイチャ、さらに1馬身半差の3着に4番人気ミスターサンドが入った。

シアトルテソーロは美浦・栗田徹厩舎の2歳牡馬で、父Will Take Charge、母Baylor's Babe(母の父Southern Image)。

~レース後のコメント~
1着 シアトルテソーロ(O.マーフィー騎手)
「調教から良い感触を掴んでいました。ただ追い出すと、耳を立てて嫌がる仕草をしたりして、反応が遅かったです。今日は厳しい競馬でしたし、1回休ませてどう変わるかによって、未来が決まると思います。距離については、もう1ハロン短い方が良いように思います」

2着 ベルウッドネイチャ(M.デムーロ騎手)
「スタートが良かったです。1~2コーナーで外からプレッシャーを受けて向正面で抑える形になると、物見をしたり、恐がって併せに行かなかったりでした。4コーナーでは良い走りになりましたが、抜け出すとフワッとしていました。まだ子供です」

3着 ミスターサンド(田辺裕信騎手)
「この馬も普通なら良いレベルだと思いますが、前2頭は強かったです。体の使い方がまだ上手でなく、競馬を覚えてくれば良いですね」