【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】(京都)~マイラプソディが人気に応え3連勝 [News]
2019/11/23(土) 17:02
京都11Rの第6回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(2歳GIII・芝2000m)は1番人気マイラプソディ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分1秒5(良)。2馬身差の2着に2番人気ミヤマザクラ、さらに3馬身差の3着に3番人気ロールオブサンダーが入った。

マイラプソディは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母テディーズプロミス(母の父Salt Lake)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 マイラプソディ(武豊騎手)
「ここまでいい感じで来ています。4コーナーでちょっと手応えが無い感じがしました。でも元々そういうところがある馬ですから、ラストもバテている訳ではなくて、伸びてくれると信じていました。ラスト1ハロンを切ったところで本来の脚になって、そこが良かったですね。着差はそれ程ではなかったのですが、今後につながるレースができたと思います。ここまで1~3戦といい形で来ています。まだ伸びそうなところがあるので楽しみです。精神的にも幼く、身体もまだ良くなると思います」

(友道康夫調教師)
「小回りが心配でしたが、エンジンがかかればいい脚でしたね。レース後の息の入りも良かったです。今後は今のところ未定です」

2着 ミヤマザクラ(O.マーフィー騎手)
「勝った馬が強いです。彼女ができることはやれました。もっと距離を伸ばしてもいいと思います。性格が良くて、乗りやすくいい馬です。また重賞戦線にのってくるでしょうし、成長して体が大きくなると思います」

3着 ロールオブサンダー(松山弘平騎手)
「状態も良く、前向きさがしっかり出ていました。スタートも良く、自分のリズムで競馬ができました。早めの競馬を心掛けて長くいい脚を使って踏ん張ってくれました。今日は勝った馬が強かったです」

(橋口慎介調教師)
「今まで体が細く、減った体重を引きずっていましたが、食べたものが身になって体が戻りました。いいレースをしてくれました。現時点での力は出し切ったと思います。後ろは離しいていますが、上位2頭は強かったです。まだまだこれからの馬です。今後は馬の状態を見て考えます」

6着 ヒシタイザン(幸英明騎手)
「左にもたれて、コーナーでロスがありました。そこが課題です。その辺りが良くなれば変わってくると思います」

8着 インザムード(岩田康誠騎手)
「2000mの距離は少し長かったです。ワンターンのコースでレースをした方がいいかもしれません」