【銀嶺S】(東京)~ブルベアイリーデが差し切り4勝目 [News]
2019/11/23(土) 16:37
東京10Rの銀嶺ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1400m)は3番人気ブルベアイリーデ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒8(不良)。半馬身差の2着に1番人気レッドルゼル、さらに2馬身差の3着に10番人気ヒデノヴィーナスが入った。

ブルベアイリーデは栗東・杉山晴紀厩舎の3歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母シルクシンフォニー(母の父ストーミングホーム)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 ブルベアイリーデ(C.ルメール騎手)
「内のいい位置につけたかったので、思い通りにいきました。瞬発力がありますし、1400mはピッタリです。乗りやすい馬ですよ」

2着 レッドルゼル(北村友一騎手)
「隊列が決まるまでごちゃごちゃしましたが、リズムよく走れるようになってからはしっかりと走っています。最後も止まっていません。このクラスでもメドの立つ内容だったと思います」

3着 ヒデノヴィーナス(川須栄彦騎手)「初めての左回りのせいか、3~4コーナーでは曲がれないほど外へ張っていました。これだけロスがありながら3着ですから、力は見せたと思います」


4着 ハーグリーブス(吉田豊騎手)
「私がこの馬でダートを走るのは初めてですが、芝でも力がいる馬場で走っていましたし、砂を被っても大丈夫でした。ごちゃごちゃしていても気にせず走っていました。この後、時計の掛かるダートでどれだけやれるかでしょう」