【花園S】(京都)~伏兵テーオーフォースが抜け出し4勝目 [News]
2019/11/23(土) 16:26
京都10Rの花園ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)は11番人気テーオーフォース(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒1(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気サンライズセナ、さらにハナ差の3着に2番人気ヒストリーメイカーが入った。

テーオーフォースは栗東・岡田稲男厩舎の4歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母キャンディーストア(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 テーオーフォース(吉田隼人騎手)
「枠も良かったですし、スムーズな競馬ができました。前に人気馬を見ながらいい形で運べて、抜け出してから遊ぶくらい余裕がありました。最後まで集中して走れるようになれば、もっとやれるでしょう。乗り味もいいですから、もっと良くなってきそうです」

2着 サンライズセナ(和田竜二騎手)
「ゲートをうまく出してあげられなかったのですが、展開もはまりましたし、今日は具合も良くて内々でもハミのかかりも良かったです。この馬の違う面を出せたという意味では良かったと思います」

3着 ヒストリーメイカー(畑端省吾騎手)
「前走より返し馬からやわらかみがあっていい感じでした。ゲートも落ち着いてポンと出ましたし、一度叩いた分スッと行くことができました。向正面で来られてこの馬にはきつい競馬になりながらも粘ってくれましたし、力のあるところを見せてくれました」