【メイクデビュー】(東京5R)~ターキッシュパレスが新馬勝ち [News]
2019/11/23(土) 14:18
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は3番人気ターキッシュパレス(W.ビュイック騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒9(不良)。2馬身差の2着に8番人気カフェサンドリヨン、さらに4馬身差の3着に11番人気ブロウンアウェイが入った。

ターキッシュパレスは栗東・昆貢厩舎の2歳牡馬で、父Golden Horn、母Regency Romance(母の父Diktat)。

~レース後のコメント~

1着 ターキッシュパレス(W.ビュイック騎手)
「ゲート内でソワソワしたり子供っぽく、それ程切れるタイプではないと聞いていましたので、スタートで押して出て行って前の位置を取りました。最後までしぶとい脚を使いました。雨もこの馬に向きました。かつて自分も騎乗したゴールデンホーンの子供で日本で勝てたのも感慨深いです」

2着 カフェサンドリヨン(北村宏司騎手)
「上手にスタートが切れて、流れに乗ってレースができました。直線では良く伸びているのですが、勝ち馬もしぶとかったですね」

3着 ブロウンアウェイ(丸山元気騎手)
「スタートが良く前の位置でレースができました。道中はうまく抜けていていい感じで走れていました。今日のような馬場もあっていました」

11着 ダンスグルーヴィ(C.ルメール騎手)
「ワンペースの馬なので、もう少し距離が欲しい感じです」