【ジャパンC】栗東レポート~シュヴァルグラン [News]
2019/11/20(水) 17:13
☆24日(日)東京競馬場で行われる第39回ジャパンカップ(GI)に出走を予定しているシュヴァルグラン(牡7、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎シュヴァルグランについて、友道康夫調教師

・(海外でのレースを振り返って)馬自体はいい状態で臨めたと思いますがキングジョージは馬場が合わなかったというのと、インターナショナルステークスは距離の2000mとペースがこの馬には合わなかったのかなと思います。

・(帰国後)一週間は牧場で楽をさせました。そんなに輸送の疲れも無かったのですぐに乗り始めました。栗東トレーニングセンターには一月前には戻ってきて、その後は順調にここまできています。

・一週前の追い切りはスミヨン騎手に乗ってもらいましたが、もともとこの馬は調教では動かないのですがスミヨン騎手もそのような感触を持ったようです。もう一度今週も乗りたいということを本人から言ってきました。今日もう一度感触を確かめるために乗ってもらいました。

・(一週前と)馬場は違うものの今日の追い切りは本当に反応も良く、スミヨン騎手も「OK」と言っていました。

・歳はとりましたがまだ数も使っていませんしまだまだ若い馬です。東京2400mも相性がいいので頑張ってくれると思います。

〔取材:檜川彰人〕