【ジャパンC】美浦レポート~レイデオロ(W.ビュイック騎手) [News]
2019/11/20(水) 14:33
11月24日(日)に東京競馬場で行われる第39回ジャパンカップ(GI)に出走予定のレイデオロ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、ウィリアム・ビュイック騎手のコメントは以下の通り。

(調教でレイデオロに乗った感触はどうでしたか?)
「溌剌とした動きで、僕の指示に対しするリアクションも鋭く、非常に良い感触でした」

(追い切りで騎乗するにあたって、藤沢調教師から指示はありましたか?)
「藤沢調教師からは、馬のコンディションが良く、仕上がっているので、乗り方などは任せると言ってくださいました。レイデオロが元々強い馬であることは良く知っていますし、天皇賞や有馬記念でも良い成績を残してきてますから、今回のジャパンCも期待できると思います」

(今回のジャパンCでレイデオロに騎乗することが決まった時の気持ちは?)
「とても興奮しました。ジャパンCはまだ僕が勝ったことがないレースなので、この良い馬に乗って勝つ可能性があるということで、すごくワクワクしています。勝つことはもちろん難しいことだと思いますが、充分に可能性を秘めた馬だと思っています」

(去年日本でGIを勝ちましたが、日本のGIの印象はどうでしたか?)
「今まで日本へ何度か来ていましたが、去年のマイルCSが日本でのGIは初勝利だったので、僕にとってすごく大切なレースになりました。また、日本の競馬ファンは応援がすごいので、これからもっともっとGIを勝てたら良いなと思っています」

(東京芝2400メートルという舞台について)
「レイデオロのストロングポイントは加速力だと思っていますので、東京競馬場というコースも2400メートルという距離も彼に合っていると思います。GIに向けて非常に良い状態で来ているなということを感じます」

(最後に意気込みをお願いします)
「ジャパンCは世界的にも有名なレースですので、勝てるようベストを尽くします」

(取材:小屋敷彰吾)