【ジャパンC】美浦レポート~カレンブーケドール(国枝調教師) [News]
2019/11/20(水) 14:15
11月24日(日)に東京競馬場で行われる第39回ジャパンカップ(GI)に出走予定のカレンブーケドール(牝3歳、美浦・国枝厩舎)について、国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

(調教を終えての手ごたえからお聞かせください)
「スムーズな調教ができて良かったと思います」

(今日の追い切りの狙いは?)
「ずっと坂路で調教してきて、先週末と今日はウッドチップコースで追い切りを行い、どんなものなのかなと思って見ていました。良い動きだったと思います」

(ウッドチップコースで3頭併せでしたが、騎乗した津村騎手は何か話していましたか?)
「手ごたえが良かったようで、幸せそうな顔をしていました。ずっと乗ってきていますから成長を感じているのではないでしょうか」

(春先と比べて変わってきたと感じるところはありますか?)
「身が詰まったというか、落ち着きも出てどっしり構えるようになっているなという感じはしますね」

(前走秋華賞を改めて振り返ってください)
「競馬としては良かったと思います。勝った馬は終いの切れが良かったですが、その中でも頑張っていました」

(中5週の中間の様子を教えてください)
「時間があるのでゆっくり立ち上げて、坂路主体で調教を行ってきました。やはりどっしりしてきて、風格というのが出てきたような気がします」

(今回迎えるジャパンCは、古馬との対戦になります)
「古馬の一線級ですからそんなに簡単にはいかないと思いますが、斤量が53キロと恵まれていますから、うまく立ち回ってくれたらと思います」

(東京の芝2400メートルという舞台について)
「オークスでも良い競馬できたように東京では好走してますので、舞台としては良いと思います」

(去年はアーモンドアイで臨んだジャパンCでしたが、今年は気持ちが違いますか?)
「去年はだいぶ期待を背負い緊張していましたが、今年は肩の荷が下りたので気楽に行きたいと思います。人馬ともにGI初制覇がかかりますから、津村騎手に頑張ってもらいたいです」

(その津村騎手にはどんなレースを期待しますか?)
「不利のないスムーズな競馬をして、ゴール前に抜けられればなと思います」

(最後にファンへ向けて一言お願いします)
「順調に来られましたので、まだ重賞を勝っていないですがここで大きな仕事をしてもらいたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)