【赤松賞】(東京9R)~シャインガーネットが好位から抜け出す [News]
2019/11/17(日) 16:02
東京9Rの赤松賞(2歳1勝クラス・牝馬・芝1600m)は3番人気シャインガーネット(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒4(良)。半馬身差の2着に1番人気シンハリング、さらにクビ差の3着に4番人気ジェラペッシュが入った。

シャインガーネットは美浦・栗田徹厩舎の2歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ベルベットローブ(母の父Gone West)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シャインガーネット(田辺裕信騎手)
「稽古の動きが良くて新馬戦で勝ちを意識して乗ったところ、意外と慎重なタイプだなという印象でした。2戦目でどうかと思っていましたが、馬群の中で上手に競馬ができて、期待通りの走りをしてくれました」

3着 ジェラペッシュ(吉田豊騎手)
「いい感じで競馬をしています。タメが利いて直線では進路が開けば伸びるという手応えでした。追い込んでいますが、勝つためにはもう一段欲しいですね」

4着 チェーンオブラブ(三浦皇成騎手)
「前回ゲートをもさっと出るような感じでどうかなと思っていましたが、今回も同じ様な感じでした。今日は距離が1600mなので、テンはリズムを大事にして、最後は経験のために間を突きましたが、差のないところまで来てくれています。距離は1600m、もしくはそれ以上あってもいいかもしれません」