【オキザリス賞】(東京)~メイショウテンスイが抜け出し2勝目 [News]
2019/11/09(土) 16:11
東京9Rのオキザリス賞(2歳1勝クラス・ダート1400m)は4番人気メイショウテンスイ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒1(良)。1馬身1/4差の2着に10番人気ダイメイコリーダ 、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気オヌシナニモノが入った。

メイショウテンスイは栗東・南井克巳厩舎の2歳牡馬で、父ダンカーク、母フラワーガイア(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 メイショウテンスイ(南井克巳調教師)
「センスのいいレースでした。外枠も良く、内の馬の動きを見ながらいい位置でレースができました。横山騎手が道中我慢してくれて直線でしぶとく粘らせてくれました。まだまだ良くなりそうです。兵庫ジュニアグランプリに登録する予定です」

2着 ダイメイコリーダ (石橋脩騎手)
「大外枠からスムーズにいい位置をとれました。4コーナーでも手応え良くいけたのですが、直線で前にいた勝ち馬も止まりませんでした。この馬も良く伸びています」

3着 オヌシナニモノ(福永祐一騎手)
「前回のレースで色々経験していたので、砂を被っても大丈夫でしたし、スタートもある程度出てくれました。4コーナーではどれだけ伸びるかという感じでした。体が成長すればいい脚を使えるようになると思います」

4着 ジェネティクス(C.スミヨン騎手)
「ゲートでうるさい面がありました。初めて馬群の中でレースをしたせいか、気をそがれるところがありました。メンタル面が良くなればもっと走ってくると思います」