【エリザベス女王杯】美浦レポート~フロンテアクイーン(津村明秀騎手) [News]
2019/11/06(水) 17:31
 10日(日)に京都競馬場で行われるエリザベス女王杯に出走を予定しているフロンテアクイーン(牝6歳、美浦・国枝栄厩舎)について津村明秀騎手のコメントは以下の通り。

「前走の府中牝馬ステークスは、この馬との初コンビでしたが、レースでは積極的に好位につけて有力馬を見ながら行けました。レースで乗る前から競馬が上手な馬でいつも安定して走っているというイメージがありましたが、思っていた通りで、真面目で乗り難しいところがありませんでした。

 今朝の追い切りでは、今回は距離が2ハロン延びるので折り合いを重視して乗りました。追い切りとしては前走より上手く乗れたと思います。この馬自身6歳ですが、良くなっていますし、成長していると感じています。

 2200メートルという距離は、去年のレースでは前が詰まりながらも最後にまた伸びたようにそんなに不安はありません。今回のレースでは、競馬が上手な馬ですから大ざっぱな競馬ではなく馬群の中に入れて、間を抜けてくるような競馬をしたいと思います。

 オークス馬が出てきますが、カレンブーケドールと同じ国枝厩舎のこの馬でオークスでの借りを返したい気持ちは強く持っています。この馬は、気持ちが強く頑張ってくれる馬です。僕自身も頑張りますので応援をよろしくお願いします」

(取材:小林雅巳)