【エリザベス女王杯】栗東レポート~クロノジェネシス(北村騎手) [News]
2019/11/06(水) 16:27
☆10日(日)京都競馬場で行われる第44回エリザベス女王杯(GI)に出走を予定しているクロノジェネシス(牝3、斉藤崇)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎クロノジェネシスについて、北村友一騎手

・(前走の秋華賞は)強かったです。落ち着いていましたし、この馬の良さが出せたレースでした。プラス20kgでしたが太さは感じませんでしたし、戦前からそれぐらいになると厩舎サイドから聞いていましたから、しっかり作ってくれたのだと感じていました。勝てて本当に良かったと思います。

・(京都競馬場芝外回り2200mは)元から器用な馬なので内回りでも外回りでも意識の必要は無いと思います。

・(レースの変化について)レース前に落ち着いているのでゲートを出てくれていること、(前走は)内回りの2000mということで位置を取りたいと思い、出していったこともあります。今回に関しては位置を取りに行かなくても馬のリズムで競馬させてあげるのが一番なのではないかと思います。

・(追い切りについて)先週に関して少し予定より時計も速くなり、行きたがる面が前面に出ていて折り合いに少し苦労するかな?という感じではありました。今週は最初の6Fからゆっくり入って折り合いをつけて終いの反応を確認することに主眼を置きました。良かったとおもいます。

・(メンバー的に)いいメンバーだと思います。オークスであれだけ離されたラヴズオンリーユーとGI馬となって再戦できるのが楽しみに思います。 今回古馬とラヴズオンリーユーと対戦できること、そこにクロノジェネシスと共に臨めることが楽しみです。

〔取材:檜川彰人〕