【百日草特別】(東京)~ホウオウピースフルが直線で抜け出す [News]
2019/11/03(日) 15:05
東京8Rの百日草特別(2歳1勝クラス・芝2000m)は2番人気ホウオウピースフル(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒9(良)。2馬身差の2着に3番人気アカイイト、さらにクビ差の3着に4番人気ヒシタイザンが入った。

ホウオウピースフルは美浦・大竹正博厩舎の2歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ツルマルワンピース(母の父キングカメハメハ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ホウオウピースフル(田辺裕信騎手)
「デビュー前から調教に乗せてもらって、期待していた馬でした。体も未熟な中、動けるところがあるので、厩舎にもゆっくりとやってもらいました。オルフェーヴルの産駒でヤンチャなところもありますが、ここまで2戦2勝。結果も残してきて、精神的に落ち着いてくれば、もっと走ってくれると思います」

2着 アカイイト(石橋脩騎手)
「返し馬から元気が良くて、スタートしたらハミを噛みそうな雰囲気がありましたが、最初のコーナーで何とか我慢をさせて走ることができました。あのスローなペースでも勝ち馬に2馬身ちぎられて、勝った馬が強かったです」

4着 ブレッシングレイン(C.ルメール騎手)
「まだ身体が太くて緩かったと思います。経験をつかんで次はチャンスだと思います」

5着 タイムマシン(福永祐一騎手)
「ペースが遅かったです。距離はもう少し短くてもいいです。他の馬ともそんなに差はないと思います」