【メイクデビュー】(京都5R、6R)~トゥルーヴィル、ワンダーカタリナがそれぞれ新馬勝ち [News]
2019/11/03(日) 14:41
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は1番人気トゥルーヴィル(C.スミヨン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒3(良)。クビ差の2着に5番人気シュルシャガナ、さらに1馬身3/4差の3着に2番人気メイショウヘシキリが入った。

トゥルーヴィルは栗東・斉藤崇史厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母レディドーヴィル(母の父Fasliyev)。

~レース後のコメント~
1着 トゥルーヴィル(C.スミヨン騎手)
「新馬で何が起こるかわからないですが、今日はスタート良く、思った通りの競馬ができました。まだトモがしっかりしていなくて、フラフラするところがありました。それでも外に出すとビュッと伸びてくれました。ただ調教の手応えから、もっと伸びると思います。ひょっとすると、トップギアに入るのに時間がかかるタイプかもしれません。並ばれてからまた伸びたように、ファイティングスピリットがあります」

3着 メイショウヘシキリ(幸英明騎手)
「2番手で流れに乗って上手にレースができ、最後もよく伸びています」

4着 ウインベイランダー(松山弘平騎手)
「センスがあってスタートも速く、最後もよく踏ん張ってくれています」



京都6Rのメイクデビュー京都(芝1400m)は1番人気ワンダーカタリナ(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(良)。クビ差の2着に5番人気エーティーメジャー、さらに3/4馬身差の3着に3番人気フリークアウトが入った。

ワンダーカタリナは栗東・河内洋厩舎の2歳牡馬で、父キズナ、母ルスナイクリスティ(母の父リンドシェーバー)。

~レース後のコメント~
1着 ワンダーカタリナ(藤岡康太騎手)
「聞いていた通り、良いスピードを持っています。スタートは上手に出てくれました。前半は競る形になりましたが、ペースが速くなった流れを考えると、最後までよく踏ん張ってくれています」

(河内洋調教師)
「調教の動きは良かったです。スタートはよく出てくれました。他に行きたそうな馬がいましたが、控えてくれて良かったです。この後は厩舎に置いて調整します」

5着 ブルーアズール(岩田望来騎手)
「怖がりな所があって、スタートでは外へ逃げていました。その後は行き脚がついて、促して良い所につけられました。外から早めに来られましたが、直線でも伸びていました。内にささる部分はありますが、そこが改善されれば問題ないと思います。距離は1400mでなくても、1600mや1800mと距離が伸びても良いと思います」