【京王杯2歳S】(東京)~タイセイビジョンが人気に応えるレコード勝ち [News]
2019/11/02(土) 18:00
東京11Rの京王杯2歳ステークス(2歳GII・芝1400m)は1番人気タイセイビジョン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒8のレコード(良)。2馬身差の2着に3番人気ビアンフェ、さらに2馬身差の3着に4番人気ヴァルナが入った。

タイセイビジョンは栗東・西村真幸厩舎の2歳牡馬で、父タートルボウル、母ソムニア(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイビジョン(C.ルメール騎手)
「今日のスタートは良かったです。ただ少し引っ掛かっていて、コントロールするのが難しかったです。3~4コーナーでリラックスしてからは、良い脚を使ってくれました。リラックスして走れれば、GI、1600mでも大丈夫です。次はもっとリラックスして走れると思います」

(西村真幸調教師)
「函館2歳Sを使ったあと、ルメール騎手から『もう少し距離の長い、直線の長いコースの方が良い』とアドバイスがあって、すぐにこのレースを目標にしていました。元々気持ちが前向きなところがあるので、その点が今後の課題だと思います。次走はオーナーと相談して決めることになります」

2着 ビアンフェ(藤岡佑介騎手)
「スタートが課題でしたが、今日はクリアしてくれて、良いスタートを切れました。スムーズに行って、初物尽くしの中、よく粘っていたと思います。体は24キロ増えていましたが、成長分です。またこれから良くなると思います」

3着 ヴァルナ(C.スミヨン騎手)
「かかるところがあると聞いていましたが、そんなことは全くなかったです。むしろ道中フラフラしたり、物見をしていました。まだ子供っぽいところがあり、これから変わってくると思います」

4着 グランチェイサー(田辺裕信騎手)
「前走は1600mでチグハグな競馬になりましたが、今日は枠順も良くスムーズに行けました。最後の粘りも出ました」

5着 グレイトホーン(藤田菜七子騎手)
「今日はレース前のテンションが高く、イレ込みもきつかったです。ゲートの中でもうるさくて、タイミングが合わず、うまく出られませんでした。1400mは問題なくこなしていました。最後はジリジリと伸びていました」