【メイクデビュー】(京都7R)~アンサンブルが新馬勝ち [News]
2019/11/02(土) 15:21
京都7Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は5番人気アンサンブル(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒5(良)。クビ差の2着に1番人気ファルコニア、さらに4馬身差の3着に2番人気ウェイトゥザトップが入った。

アンサンブルは栗東・杉山晴紀厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母アンビータブル(母の父ブライアンズタイム)。

~レース後のコメント~
1着 アンサンブル(和田竜二騎手)
「切れ負けしそうだったので、できれば前でレースをしたいと思っていました。ゲートは速くないと聞いていましたが、うまく出てくれて、自分がペースを作っていけました。操縦性の高い馬です。うまく脚が溜まりました。まだ緩いので、これからだと思います」

2着 ファルコニア(川田将雅騎手)
「スムーズな競馬ができましたが、勝ち馬が強かったです」

3着 ウェイトゥザトップ(福永祐一騎手)
「勝負どころで置かれるところがありました。エンジンがずっとかからないところが調教でもあったので、それが競馬でも出ましたね。でも最後また伸びてくれていますし、使って良くなりそうです。初戦としては能力の一端は見せてくれたのではないでしょうか」

4着 アルセスト(A.シュタルケ騎手)
「1コーナーまで行きたがるところがありましたが、その後は落ち着いてレースができました。ラストも追い出してからの反応も良く、使いつつ良くなってきそうです。距離はこれくらい(2000m)か、あと200mくらい伸びるのが良さそうです」

5着 ライトマイファイア(岩田望来騎手)
「ゲートは速かったのですが、行き脚がつかずポジションを取れませんでした。後ろから運びましたが、ジリジリという脚で最後はフラフラしていました。力を付けてくれればやれる能力は感じました」