【アルテミスS】(東京)~断然人気のリアアメリアが力の違いを見せつけ連勝 [News]
2019/10/26(土) 18:32
東京11Rの第8回アルテミスステークス(2歳GIII・牝馬・芝1600m)は1番人気リアアメリア(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。3/4馬身差の2着に2番人気サンクテュエール、さらに半馬身差の3着に5番人気ビッククインバイオが入った。

リアアメリアは栗東・中内田充正厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母リアアントニア(母の父Rockport Harbor)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 リアアメリア(川田将雅騎手)
「色々な事を一遍に経験出来ました。進み過ぎる所のある馬ですが、今日は遅いペースの中でも、この馬にしては辛抱出来て、良い経験が出来ました。思ったより着差はつきませんでしたが、現状としては充分です。今日は馬体重が20kg増えたのはすべて成長分ですが、一気に体が増えた分、少し動きづらい面もあったかもしれません。次走は、成長を伴いながら、もっと動き易くなると思います」

(中内田充正調教師)
「2戦目ですし、全てにおいて良い経験が出来ました。まだ若く走りに集中していない感じです。それもその内に治まってくると思います。これからの成長が楽しみです。次はGIへという話になると思います」

2着 サンクテュエール(C.ルメール騎手)
「スローの流れで、残念ながら前に行かなければならなくなりましたが、折り合いはスムーズで、2番手でリラックスして走れました。勝った馬が強いです」

3着 ビッククインバイオ(大野拓弥騎手)
「状態が上がっていました。前半に力む所がありましたが、直線は良い反応でした」

4着 ラインオブダンス(M.デムーロ騎手)
「1番良い所につけられましたが、思ったより伸びませんでした。まだ馬が若いです」

5着 オータムレッド(石橋脩騎手)
「スタートを上手に出てくれました。頭の高くなる所があるので、前に1頭置いて壁を作りたかったので、1頭行く馬がいたのは良かったです。折り合いもついて、左回りもこなしてくれました。直線では差し返すように、最後まで伸びてくれました」