【スワンS】(京都)~人気のダイアトニックが大外から差し切って重賞初制覇 [News]
2019/10/26(土) 18:25
京都11Rの第62回毎日放送賞スワンステークス(3歳以上GII・芝1400m)は1番人気ダイアトニック(C.スミヨン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒3(稍重)。ハナ差の2着に2番人気モズアスコット、さらにクビ差の3着に4番人気マイスタイルが入った。

ダイアトニックは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母トゥハーモニー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ダイアトニック(C.スミヨン騎手)
「今日は外枠を引いていましたから、ポジションを心配していました。スタートが良くて、内側の状態が良くない中で、外へ行けたのが良かったです。人気を集めていたモズアスコットが差し馬ということは研究して分かっていました。そのモズアスコットの後ろになって、差せるのか心配していましたが、よく差してくれました」

2着 モズアスコット(岩田康誠騎手)
「マークしながらマークをされて...というレースでした。直線も反応して走ってくれましたが、勝ち馬の切れが凄かったですね」

4着 タイムトリップ(藤岡康太騎手)
「先生からも、器用さはないけれど終いは脚を使うと、伺っていたので、リズム良く運んで行って、馬場の良い所に出したら、良い脚を使って頑張ってくれました」

6着 トゥザクラウン(福永祐一騎手)
「形は良かったですし、ペースもそんなに速くありませんでした。東京で1000万下を勝った時のようにラストまで集中していればと思い、満を持して追い出しましたが...次は良くなってきそうです」