【神奈川新聞杯】(東京)~人気のベストアクターが好位追走から抜け出す [News]
2019/10/26(土) 17:55
東京9Rの神奈川新聞杯(3歳以上2勝クラス・芝1400m)は1番人気ベストアクター(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒6(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気カルリーノ、さらに半馬身差の3着に2番人気アフランシールが入った。

ベストアクターは美浦・鹿戸雄一厩舎の5歳セン馬で、父ディープインパクト、母ベストロケーション(母の父クロフネ)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ベストアクター(C.ルメール騎手)
「良い位置で競馬ができました。最後は物見をしていましたが、よく伸びて、楽に勝てました」

2着 カルリーノ(三浦皇成騎手)
「良い感じの展開でした。早めに追い出すと飽きるので我慢しましたが、結果前が止まりませんでした。中一週でもよく頑張っています」

4着 コスモヨハネ(野中悠太郎騎手)
「1400mはベストだと思います。最後もしっかりと脚を使っています」

5着 ココフィーユ(内田博幸騎手)
「良い感じで行けたと思います。決め手勝負では分が悪いので動かして行きましたが、あの上がりで来られると厳しいです。上位の馬は強いです」