【萩S】(京都)~ワールドプレミアの弟ヴェルトライゼンデが無傷の2連勝 [News]
2019/10/26(土) 17:51
京都9Rの萩ステークス(2歳オープン・リステッド・芝1800m)は1番人気ヴェルトライゼンデ(C.スミヨン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒8(稍重)。半馬身差の2着に4番人気シリアスフール、さらにクビ差の3着に5番人気エカテリンブルクが入った。

ヴェルトライゼンデは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母マンデラ(母の父Acatenango)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴェルトライゼンデ(C.スミヨン騎手)
「勝ちはしましたが、この馬はもっと固い馬場(良)の方が良いのではないでしょうか。のめっていないものの、馬場を気にして走っていました。それでも勝てたのが強い所かもしれません。良馬場で走る所を見てみたいです」

2着 シリアスフール(松山弘平騎手)
「スタートはあまり出るほうではありませんでしたが、少頭数でしたから、あまりその点では気にせず運びました。最後は長く良い脚を使ってくれましたが、今日は相手が強かったですね」

4着 ヴィースバーデン(和田竜二騎手)
「テンションが高かったのですが、落ち着いて走っていました。自分から動いて行った方が良かったかもしれません。この渋った馬場はこなさない訳ではありません」