【メイクデビュー】(東京4R)~6番人気のボンボンショコラが4馬身差をつけ快勝 [News]
2019/10/26(土) 17:21
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は6番人気ボンボンショコラ(岩部純二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒5(重)。4馬身差の2着に3番人気キョシンタンカイ、さらに3馬身差の3着に1番人気アルヴェントが入った。

ボンボンショコラは美浦・石毛善彦厩舎の2歳牝馬で、父ノーザンリバー、母ベネラ(母の父フォーティナイナー)。

~レース後のコメント~
1着 ボンボンショコラ(岩部純二騎手)
「レースとしては上手く行きました。レース前から走る馬だと分かっていました。距離を心配していましたが、スタートをポンと出てプレッシャーを受けることなく走れたので大丈夫でした」

2着 キョシンタンカイ(田辺裕信騎手)
「思ったより走ってくれましたが、思っていた以上に勝ち馬が走りました。目標にしていたつもりが、最後は離されてしまいました。新馬向きというタイプではないのでこれから力をつけていくと思います」

3着 アルヴェント(M.デムーロ騎手)
「返し馬で速く走ったのでスタートも速いと思ったのですが、あまり速くなく、少し忙しい感じのレースでした。砂を嫌がったり、一頭になるとソラを使ったり、まだ若い所があります。でも最後は良い脚を使いました」

5着 ユタカサン(吉田豊騎手)
「まだレースを分かっていない感じで、スタートをボコッという感じで出て、後方からのレースになりました。砂を被せてレースをして、バラけてから最後は良い脚を使いました。競馬を覚えていけばもっと走ってくると思います」