【天皇賞・秋】美浦レポート~アエロリット(戸崎騎手) [News]
2019/10/23(水) 17:22
10月27日(日)に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(GI)に出走予定のアエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)について、戸崎圭太騎手のコメントは以下の通り。なお、戸崎騎手は追い切りには騎乗していない。

「(この馬は)女の子ですけど、パワーもありますし、スピードも兼ね備えていて、しぶとい、というイメージですかね。(安田記念では)馬はとても良く感じましたし、ある程度は自分のリズムで行けたかな、と思います。負けてしまったので、どうにかならないかな、とは思いますけど、毎回、良く走ってくれる馬だな、と思いますね」
「距離が少しいつもより延びますので、そのあたりがカギになるかな、と思いますけど、この馬の走りをさせたいと思いますので、リズム良く走らせたいな、というところですね。(距離は)長くなりますが苦にしないな、と思いますね」
「逃げるというよりは、この馬のペースで、というと、形的に前の方になるかな、と思います。(番手でも)競馬はできると思います。あとは枠順の並びとか出方もありますので、それで考えていきたいかな、と思います」
「東京2000メートルはすぐカーブしますので、そこでゴチャつかないようにしたいと思いますし、気を付けたいと思います。いろいろ考えるのは、枠順が出てからにしたいと思います」
「今の強い馬たちが集まって盛り上がることと思いますけど、サートゥルナーリアやアーモンドアイは強いと思いますので、胸を借りるつもりで、と思っています。(豪華メンバーを相手に、戦い方を変えることなく)僕はいつもと同じ臨み方で行こうかな、と思っています」
「(以前シンザン記念の時に騎乗したアーモンドアイは)強い、というイメージですね。僕が乗せてもらった時は雨馬場でゲートも遅れて、その中で1頭だけ違う脚だったので、本当に強いな、という競馬でした。(レースで倒せるイメージは)そういうのを持って、レースを組み立てたいな、と思いますね」
「今年の天皇賞はたくさん良い馬がそろって、盛り上がることと思います。ぜひ競馬場に来て、応援してもらいたいと思います。アエロリットも胸を借りるつもりで精いっぱい戦ってきたい、と思います。よろしくお願いします」

(取材:山本直)