【天皇賞・秋】美浦レポート~ウインブライト(畠山吉宏調教師) [News]
2019/10/23(水) 17:22
10月27日(日)に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(GI)に出走予定のウインブライト(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)について、追い切り後の畠山吉宏調教師のコメントは以下の通り。

「(今日の追い切りは)良い時と比べるとまだ、終いの動きはもう一つ重苦しい感じなんですけど、この一追いで変わってくれればな、という思いがあります。前に自厩舎の馬を置いて、その馬を追いかけて、終いまできっちり追って来よう、という感じでジョッキーと相談してやったんですけど、最後にやっと並びかけた、というような、イメージとしては抜き切って、というようなところだったんですけど、そこまではいかなかったのが現状ですね。もう(レースまでの)時間的に、あとは何をする、というのはないので、追い切り後のケアをしっかりして、今日の追い切りがレースに繋がってくれればな、という思いでおります」
「(前走の)結果が示すとおりに、夏に帰厩してから、調整がうまくできなかったというのが、あの結果だと思います。ご迷惑をかける形になって申し訳ないんですけど、脚元の何が悪い、ということではなく、心肺機能とか筋肉とか、休んだ分戻ってきてない、というのが、あの結果だと思います。大きな反動はなく、調教も休むことなく、負荷もそれなりにかけてやってきてるんですけど、グッと上がった、というのはまだ......。今日や先週の動きを見ていただいた通りだと思うんですけど、春先の迫力ある動きには戻ってないかな、というのは現状ですね」
「この馬は自在性があるので、流れに応じたポジションで競馬をしていけば、と思っています。まだまだこの先にも目標がありますから、今回はこれだけのメンバーで、どれだけのレースをしてくれるか、じっくり見ていきたいと思います。(レースに向けての作戦は)枠順とかが出てからになりますから、まだ話はしていません。春先の状態にもどれば、決してヒケを取らない、と思うのですが、前走が示すように、まだそこまでの体調になってないですし、戦ってないメンバーがほとんどなので、まずはどんなレースをしてくれるか、じっくり見ていきたいです」
「馬の調子はまだ良化途上かもしれないのですが、今週の一追いで変わってくれればな、と思っておりますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:山本直)