【天皇賞・秋】美浦レポート~アーモンドアイ(国枝調教師) [News]
2019/10/23(水) 17:20
10月27日(日)に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(GI)に出走予定のアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

「先週(の追い切り)も良かったのですが、先週にやっているので、今日はいくらか素軽いかなという感じがしました。(テーマは)大きくこれっていうものはないんですけど、前の馬を捕らえにいって、終いはどんな感じで交わすかな、ということでやりました。アーモンドの動きは出来ているな、という感じでした。休み明け、というところを割り引いても、いい感じで来れたかな、と思います。これまでにも休み明けで来ているので、毎回大丈夫かな、ということはあるにはあるんですが、結果は出ていますし、同じような感じで来れたかな、と思います」
「安田記念はアーモンドの走りが出来なかった、そのあたりが残念でした。結果は残りますからね。不利があって、あれで勝っていれば良かったんですが、負けてしまいましたからね。(今回は)期待に応えて、良い競馬が出来ればと思っています」
「やはり、東京の2000メートルなので、外枠になるといろいろ不利があると思います。枠順とスタートのタイミングですかね。できれば、内枠でスタートは切りたいです」
「(2週連続でルメール騎手に調教を依頼したのは)これだけの馬なので、ジョッキーに状態を把握してもらって、と思って乗ってもらいました」
「(サートゥルナーリアについてルメール騎手には)関係を崩したくないので、忖度して何も聞いてはいないです(笑) 楽しみは取っておこうかと思います」
「これまでずっといろいろな形で競馬ができているので、スタート次第ですが(作戦は)クリストフに任せるという感じですね」
「(秋は全て勝って年度代表馬に?という問いに)そういう立場にあると思いますので、期待に応えてもらいたいと思っています。やはり強い相手とやって、良い結果をと思います。
「GI馬もたくさんいるので気になりますけど、1回しか負けていなくてこれまで対戦していないサートゥルナーリアはやはり注目しなければいけないと思いますし、ゴール前で交わせればと思います」
「夏を越えて順調に来ています。良い競馬ができると思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)