【プラタナス賞】(東京)~タガノビューティーが2馬身半突き抜け快勝 [News]
2019/10/15(火) 15:30
東京9Rのプラタナス賞(2歳1勝クラス・ダート1600m)は4番人気タガノビューティー(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒9(稍重)。2馬身半差の2着に1番人気セラン、さらに1馬身1/4差の3着に10番人気ニシノレオニダスが入った。

タガノビューティーは栗東・西園正都厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母スペシャルディナー(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 タガノビューティー(石橋脩騎手)
「初戦はよく勝ったな、と思わせる内容でしたが、今日は向正面で砂を被せても集中力を切らさずに進めました。馬群が詰まっていて、これなら届きそうだなと思っていました。手前を替えてから直線の伸びは全然違うな、という感じでした」

2着 セラン(武豊騎手)
「少し内にモタれていました。カーブの感じは左回りの今日の方がスムーズでした。勝った馬が強かったです」

4着 フィロロッソ(戸崎圭太騎手)
「テンションが高めでしたが力があります。今日のように速い時計よりはかかってくれた方が良さそうです」