【秋華賞】栗東レポート~ビーチサンバ(福永騎手) [News]
2019/10/09(水) 16:35
☆13日(日)京都競馬場で行われる第24回秋華賞(GI)に出走を予定しているビーチサンバ(牝3、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ビーチサンバについて、福永祐一騎手

・(秋初戦のローズステークスは4コーナー先頭で)当初は後方からという話を(陣営と)していましたが、ペースが思っていたより落ち着いたということもあり、馬もやる気を見せてハミに乗ってきたので、そこは無理に抑えずに押し上げるという形になりました。最後まで長くいい脚を使ってくれました。もう少しのところまで行きましたし、しぶとく脚を使うパターンもこの馬には合っているのかと再発見できた競馬でした。

・(春のクラシックと比較して)多少逞しくなっていましたが、低いフォームで走るあたりは変わりなく来ています。お母さん(フサイチエアデール)もきょうだい(フサイチリシャール)にも乗っていましたが、どちらも瞬発力に長けた馬という印象ではありません。ですから、前走のようなスタイルはこの馬に合っているのかとは思いますが、スタートが速くないのです。この点がなかなか改善してくれません。

・調教には乗っていませんが、「(騎手の調教が)必要なら声をかけて下さい」とは話していました。前走時でもある程度いい仕上がりで臨めていましたし、変わらず順調という話は聞いていました。騎手が乗る必要もなく順調に来ている証だと思います。

・(京都内回り2000mは)コーナーが4回の競馬場では、オークスだけではあるのですがいい結果は出せていませんね。フットワーク的にもツーターンよりワンターンの競馬の方が合っていると思います。ですから東京の2000mだとしたら問題ないと思います。京都の2000mだと求められるものが違いますから頑張ってもらいたいですね。

・血統的に縁があって継続騎乗をさせていただいていることもあり、一緒に大きいタイトルを取りたい気持ちは強いですね。

・パワーがあるので(重馬場は)大丈夫だと思います。クラシックホース不在で若干混戦模様ですが、前哨戦で有力馬相手にいい走りを見せてくれましたので、能力的には同じグループにいるのではと思っています。後はコースをどううまく走らせることが出来るか、そこに尽きると思います。

〔取材:檜川彰人〕