【秋華賞】栗東レポート~ビーチサンバ(友道師) [News]
2019/10/09(水) 16:33
☆13日(日)京都競馬場で行われる第24回秋華賞(GI)に出走を予定しているビーチサンバ(牝3、友道)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ビーチサンバについて、友道康夫調教師

・(春のクラシックは)2戦とも馬の具合は良く出走できたと思いますが、オークスに関して言えば若干距離が長かったのかなと思います。

・(秋初戦のローズステークスは4コーナー先頭で)思っていたレースとは違いましたが、最後までしっかりと頑張って差し返すようなところも見せていたので、夏を越しての成長を感じました。身体に関して言えば、数字的に体重は大きくなっていませんでしたが、見た感じひと回りぐらいパワーアップしたような感じもあります。走るフォームに関しては、いつも乗っている助手の話によるとすごくしっかりして、手前を替える時も春に比べてスムーズさを増しています。追い出してからの反応も良くなっているとのことです。

・この馬には若干距離の壁があるのですが、前走の内容を踏まえて今回の2000mはこなしてくれると思っています。今回はコーナー4回で息も入り易いと思います。競馬の内容に関しては騎手に任せてあります。

・(距離適性は)血統的には1600mから1800mとは思いますが、馬の造りからは少し胴が伸びているような体型をしているので、距離がもちそうな感じがします。

・(一週前の追い切りは)一回使って間隔も詰まっているので、それほど負荷をかける必要も無いと思っていますが、一週前なので併せ馬で最後の反応を見てもらいました。いい反応で動いていたと思います。

・(今週の追い切りは)今日はそんなに負荷をかける必要も無かったのでサッとやりましたが、動きも良く息の入りも問題なかったと思います。

・(重馬場は)お父さんがクロフネなので、多少渋っても大丈夫だと思います。ひと夏越して成長しました。最後の一冠はなんとか取らせてあげられるよう頑張ります。

〔取材:檜川彰人〕