【秋華賞】美浦レポート~シェーングランツ [News]
2019/10/09(水) 15:51
13日(日)京都競馬場で行われる秋華賞(GI)に出走予定のシェーングランツ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

シェーングランツについて藤沢和雄調教師

(ここまでの調整について)
「オークス以来で、厩舎に戻ってから1ヶ月くらいとなります。徐々に、今週に向けて坂路で順調に調整してきました。春から比べると馬がずいぶんとたくましくなってきました。もともとおっとりしていて、前半もたつくところはあったのですが、体がずいぶん立派になってきたので、また違う競馬をしてくれるのではないかと楽しみにしています」

(春のクラシック2戦を振り返って)
「前半に行き脚がつかず後方からの競馬になって、そのぶんロスなどもありました。今はたくましくなったぶん、前半でハンデになるほど置かれないと思います」

(オークスからの直行となるが)
「オークスの後は疲れがみられたのでゆっくり休養しました。乗り出しも遅かったのですが牧場で1ヶ月ほど乗って、厩舎に戻ってからも順調に調整しています」

(意気込みを)
「早いうちから期待していた馬なのですが、体を持て余しているところがありました。ずいぶんとたくましくなってきて、秋、また来年へと楽しみになってきました。応援してください」

(取材:小塚歩)