【長岡京S】(京都)~サウンドキアラが人気に応えての勝利 [News]
2019/10/05(土) 17:58
京都11Rの長岡京ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1600m)は1番人気サウンドキアラ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒1(良)。3/4馬身差の2着に2番人気ミッキーブリランテ、さらに半馬身差の3着に9番人気アバルラータが入った。

サウンドキアラは栗東・安達昭夫厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母サウンドバリアー(母の父アグネスデジタル)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 サウンドキアラ(福永祐一騎手)
「完勝でした。前の馬を壁にするのが理想でしたが、今日のような形でレースができたのは成長の証です。良い決め手を持ってますし、上のクラスでも楽しみです」

2着 ミッキーブリランテ(坂井瑠星騎手)
「折り合いもスムーズで指示通りのレースができました。最後もしっかり反応しました。溜める競馬が合っています」

4着 ワイプティアーズ(松山弘平騎手)
「スタートよく流れに乗れました。4コーナーでひるんだ所がありましたが盛り返してくれましたし、徐々に状態が良くなってきてます」

5着 インビジブルレイズ(川又賢治騎手)
「今日の流れは少し忙しかった感じです。3コーナーからついていけない感じでした。最後はまた来ているだけに、もう少しゆっくりいける流れだと良かったのですが」