【秋嶺S】(東京)~バレッティが接戦を制し5勝目 [News]
2019/10/05(土) 17:05
東京10Rの秋嶺ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1600m)は6番人気バレッティ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒3(稍重)。クビ差の2着に4番人気アームズレングス、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気ナムラカメタローが入った。

バレッティは美浦・久保田貴士厩舎の5歳セン馬で、父キングカメハメハ、母ザレマ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 バレッティ(久保田貴士調教師)
「元々久々の方が良いタイプですし、良い状態にもって来れました。ジョッキーもうまく乗ってくれましたが、馬も力をつけていると思います」

2着 アームズレングス(大野拓弥騎手)
「ブルベアイリーデをマークするという指示で、内で脚も溜まっていました。前が空いてからの伸びもよかったです」

4着 シヴァージ(M.デムーロ騎手)
「久々のレースで抑えていましたが、ペースが遅く、周りを囲まれて苦しくなってしまいました。自分のペースでもう少し行ければ良かったのですが.,,」

5着 ブルベアイリーデ(戸崎圭太騎手)
「いつもは少し遊ぶところがありますが、今日は真面目に上手に走ってくれました。ただその分、最後に伸びが微妙になったのか、時計が早くて対応できなかったのか...敗因はちょっと分からないです」