【2歳未勝利】(中山1、2R)~フェイバリット、グレイトホーンがそれぞれ初勝利 [News]
2019/09/21(土) 14:48
中山1Rの2歳未勝利(ダート1800m)は8番人気フェイバリット(木幡育也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒0(良)。アタマ差の2着に2番人気モルタル、さらにハナ差の3着に6番人気ショウナンマリオが入った。

フェイバリットは美浦・小桧山悟厩舎の2歳牡馬で、父トーセンファントム、母トーセンベルファム(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は5戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 フェイバリット(木幡育也騎手)
「出たなりの位置でこの馬のペースでレースをしました。じっくり動いて行くと馬も良く反応して、最後はよく交わしてくれました」

3着 ショウナンマリオ(加藤士津八調教師)
「無理なくいい位置を取れて、上手く内から抜け出してきました。いいレースはできたと思います」

4着 コスモケルビン(津村明秀騎手)
「3コーナーからペースが速くなると苦しい感じでした。ギアチェンジがまだ上手くできない感じです。もう少し体が絞れてくれば変わると思います」

6着 クラウンマハロ(内田博幸騎手)
「まだメリハリがない感じです。外枠だったら違ったと思いますが、前につけられませんでした。ダートの走りは悪くなかったですし、今回砂を被る経験もできましたから、これから変わると思います」



中山2Rの2歳未勝利(芝1600m)は3番人気グレイトホーン(藤田菜七子騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。2馬身差の2着に1番人気ブンロート、さらに1馬身差の3着に4番人気ブルーノジュネスが入った。

グレイトホーンは美浦・根本康広厩舎の2歳牡馬で、父アルデバラン2、母タキオンメーカー(母の父エンパイアメーカー)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 グレイトホーン(藤田菜七子騎手)
「前走のように番手につけたかったのですが、スタートで出なくて中団の位置からになりました。道中はしっかり我慢してくれて、最後外に出したら、良い脚を使ってくれました。調教にも乗っていて、馬が良くなっていたのは感じていました」

2着 ブンロート(木幡巧也騎手)
「大外枠でしたが、スタート速く3番手につけられました。道中も楽に行けて、あとは前を交わすだけと思っていましたが...。休み明けの分もあり、次にプラスになる競馬だったと思います」

4着 ゴールデンエポック(武豊騎手)
「馬場も良いですし、スタートも良かったので、ハナに立って行きました。楽に行けたのですが、追ってからグンとくるところがありませんでした」