【ラジオ日本賞】(中山11R)~ローズプリンスダムがマイペースで逃げ切る [News]
2019/09/15(日) 17:24
中山11Rのラジオ日本賞(3歳以上オープン・ダート1800m)は3番人気ローズプリンスダム(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒0(良)。2馬身差の2着に8番人気クロスケ、さらにアタマ差の3着に1番人気スウィングビートが入った。

ローズプリンスダムは美浦・畠山吉宏厩舎の5歳牡馬で、父ロージズインメイ、母クリスチャンパール(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は22戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ローズプリンスダム(M.デムーロ騎手)
「今日は10Rで出遅れましたし、この馬も前走出遅れていたので、スタートに気を入れました。それが効いたのでしょうか、いいスタートが切れました。一生懸命走っていましたし、最後までしっかりしていました。もともと重賞も勝っている馬ですから能力があります」

2着 クロスケ(北村宏司騎手)
「スタートで躓きましたが、内から押し上げて行きました。もう少し流れて上がりがかかるのがいいです。最後はよく伸びています」

3着 スウィングビート(田辺裕信騎手)
「コーナー4つの競馬の経験が少ないせいか、コーナー、コーナーでもたつくところがあり、器用にいきません。今回は昇級戦でしたし、慣れてくればいいと思います」

4着 カゼノコ(津村明秀騎手)
「終いには来るのですが、ペースが遅く前が楽をしています」

5着 ハイランドピーク(横山和生騎手)
「気力が戻って最後まで頑張っています。今日は斤量も背負っていますし、枠順の差もあったと思います」