【2歳未勝利】(中山1、2、3R)~コバルトウィング、アイオライト、ジェラペッシュが勝利 [News]
2019/09/15(日) 13:58
中山1Rの2歳未勝利(ダート1800m)は1番人気コバルトウィング(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒9(良)。5馬身差の2着に2番人気ピオノノ、さらに5馬身差の3着に5番人気ドラゴンウォリアーが入った。

コバルトウィングは美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬で、父クロフネ、母レースウィング(母の父バブルガムフェロー)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 コバルトウィング(三浦皇成騎手)
「初戦はうまく乗れなかったですし、次を見据えてのレースでしたからね。今日は砂を被せてからの我慢もうまくできていて、外へ出してからの体の使い方も良かったです。まだこれからの馬だと思います」

2着 ピオノノ(田辺裕信騎手)
「勝ち馬には追いつけませんでしたね。もたつく所があり、バラけるまで動けないので、この枠順は不利でした。ダートへの適性はありそうです」

3着 ドラゴンウォリアー(木幡巧也騎手)
「ダートの方が良さそうです。脚質的にもそういった感じがします。最後まで踏ん張っています」


中山2Rの2歳未勝利(ダート1200m)は1番人気アイオライト(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒9(良)。10馬身差の2着に7番人気ゴラッソゴール、さらに半馬身差の3着に4番人気グレートコートが入った。

アイオライトは美浦・武藤善則厩舎の2歳牡馬で、父ローレルゲレイロ、母ステラアクトレス(母の父オペラハウス)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アイオライト(武藤雅騎手)
「このクラスでは能力は上だと思っていました。その通りのレースでした。芝でも走る馬だと思いますが、現状ではダートの方が力を出せると思います」

2着 ゴラッソゴール(菅原明良騎手)
「デビュー前に調教で乗っていい馬だと感じていました。レースでは芝は合わない感じで、前回はダートでも距離が長い感じでした。今回はダートの1200mで力を出してくれました」

3着 グレートコート(小林凌大騎手)
「スタートはよく出たのですが、道中は少しついていけない感じでした。それでも終いは反応してくれました。道中、もう少し前につけられるようになると結果は違ってくると思います」

4着 シゲルナガレボシ(菊沢一樹騎手)
「スムーズなレースでこの馬の力を出していたと思います。今回は相手が強かったということでしょう」


中山3Rの2歳未勝利(芝1800m)は1番人気ジェラペッシュ(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5(良)。1馬身半差の2着に3番人気ワスカランテソーロ、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ヴィアメントが入った。

ジェラペッシュは美浦・尾関知人厩舎の2歳牝馬で、父ワールドエース、母ピーチフィズ(母の父スウェプトオーヴァーボード)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ジェラペッシュ(吉田豊騎手)
「本来はスタートがいいと聞いていた通りでした。前走は新馬戦でスタートを切れませんでしたが、今日は二の脚で前へ行けました。リズムよく走れました。一瞬ふくれましたが、反応はしてくれました。この先はテンションが上がり過ぎないことが課題になると思います」

2着 ワスカランテソーロ(野中悠太郎騎手)
「このコースの大外枠でしたからね......。あれ以上下げることもできませんし、勝ち馬は前で楽をしていましたから、その分の差はありました」

3着 ヴィアメント(三浦皇成騎手)
「調教も乗せてもらっていて、日に日に良くなっていました。これを使って終いはさらに頑張れると思います」