【野路菊S】(阪神9R)~マイラプソディが断然人気に応える [News]
2019/09/14(土) 17:02
阪神9Rの野路菊ステークス(2歳オープン・芝1800m)は1番人気マイラプソディ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。5馬身差の2着に2番人気グランスピード、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気エキサイターが入った。

マイラプソディは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母テディーズプロミス(母の父Salt Lake)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイラプソディ(武豊騎手)
「スタートは前走と同様、あまり速くありませんでしたが、道中の走りは良かったです。余裕を持って追い出してしっかり反応してくれました。レースに不満はありません。ステッキは気を抜かせないように1回くらい。ラストまでしっかり走っています。2戦目でいい方向に行っています。来年が楽しみです」

2着 グランスピード(福永祐一騎手)
「(勝ち馬に)早めに来られました。スローに落としたのですが......。馬は本当に頑張っています」

3着 エキサイター(吉村智洋騎手)
「よく頑張っています。無理せず2番手で流れに乗って直線もジリジリ伸びています。差し返して3着になってはくれましたが、勝ち馬には切れ負けです」