【メイクデビュー】(阪神5R)~ピュアカラーが内から差し切る [News]
2019/09/14(土) 15:24
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1400m)は2番人気ピュアカラー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒0(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気モズアーントモー、さらに2馬身差の3着に1番人気ラストブラッサムが入った。

ピュアカラーは栗東・橋口慎介厩舎の2歳牝馬で、父ワールドエース、母ヴィヴィッドカラー(母の父ダンスインザダーク)。

~レース後のコメント~
1着 ピュアカラー(川田将雅騎手)
「調教の時より実戦の芝の方が良さが出ましたね。よく頑張ってくれています」

2着 モズアーントモー(池添謙一騎手)
「2番手で我慢ができ、うまく抜け出してくれました。勝ち馬にピュッと一瞬で差し切られましたが、こちらは大型馬で次は上積みがあると思います。力は十分に発揮してくれました」

3着 ラストブラッサム(岩田康誠騎手)
「直線では弾けるかと思ったんですが......。パドックでイレ込んでいたので、レース前に消耗していたのかもしれません」

4着 ロジーナ(田中健騎手)
「ゲートはきれいに出て、いいポジションでレースができました。道中も問題なく、乗りやすい馬でした」

5着 クイーンカピオラニ(福永祐一騎手)
「ゲートで反応が無かったです。距離が合わないのか、ペースが合いませんでした。ゆったり運べる中距離が合うのだと思います」