【オーバルスプリント】(浦和)~ノブワイルドが逃げ切り連覇達成 [News]
2019/09/12(木) 18:20
12日(木)、浦和競馬場(曇 稍重)で行われたダートグレード競走、第30回オーバルスプリント(JpnIII ダート1400m)は、地元浦和の3番人気ノブワイルドが逃げ切り、去年に続く連覇を達成した。

ノブワイルドは好スタートから先頭に立ち、3コーナー手前では2番手以下に3馬身ほどのリードをとった。直線では道中2~3番手を追走していたワイドファラオ(JRA)が迫ったが、逃げ脚は最後まで衰えることなく、振り切って先頭でゴールを駆け抜けた。勝ちタイム1分25秒3、勝利騎手は船橋・左海誠二。

2番人気ワイドファラオが2着、レース序盤は後方も向正面で追い上げた1番人気ヤマニンアンプリメ(JRA)が3着だった。

ノブワイルドは父ヴァーミリアン、母コウエイベスト(母の父アンバーシャダイ)、牡7歳馬。浦和・小久保智厩舎の管理馬。通算成績29戦12勝、オーバルスプリント連覇でダートグレード競走2勝目とした。

<レース後の関係者のコメント>

1着 ノブワイルド(左海誠二騎手)
「いいスタートを切って、楽に先行できました。向正面に入ると、いつも自分からハミをとるので、リズムを崩さないように乗りました。全ては馬の力です」

(小久保智調教師)
「不安が解消され前向きになり、それが結果に繋がっていると思います。追い切りの時から、動きも凄く良かったです。しっかり気を引き締めて、次のJBCスプリントに挑みたいと思います」

2着 ワイドファラオ(福永祐一騎手)
「スタートでトモを少し滑らせましたが、うまく立て直して、いい位置でレースが出来ました。これまで芝スタートしか経験がありませんでしたし、走りにくそうにしていた中でも最後まで差を詰めて、2着に踏ん張ってくれて、非常にセンスの良い馬だと思いました。よく頑張ってくれました」

3着 ヤマニンアンプリメ(岩田康誠騎手)
「ここで経験を積めましたし、うまくハマれば逆転できると思います」

5着 サクセスエナジー(松山弘平騎手)
「内枠で、隣に速い馬がいましたし、形として厳しかったです」

(取材:中野雷太)