【ローズS】栗東レポート~シゲルピンクダイヤ [News]
2019/09/11(水) 15:51
☆15日(日)阪神競馬場で行われる第37回ローズS(GII)に出走を予定しているシゲルピンクダイヤ(牝3、渡辺)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎シゲルピンクダイヤについて、渡辺薫彦調教師

・オークス時に外傷を負ったので(その後は)その治療に3週間ほど栗東トレーニングセンターにいましたがその後は北海道で休ませました。

・この馬は未勝利戦でいい勝ち方をしてくれたので、そこそこ活躍できるのではという手応えはありました。(春は)結果こちらの期待以上に頑張ってくれてあと一歩というところまで行ってくれました。

・一週前追い切りはCウッドチップコースでしっかりやろうと考えて予定通りしっかり負荷をかけられたと思います。

・(今日の最終追い切りは)当初坂路を考えていましたが、先週の追い切りでフワッとする(気を抜く)面があったので、それが気になりCウッドチップコースでそういった面が出ていないかどうか気をつけてやりました。

・北海道でリラックスできたのか目つきも穏やかになって、春先に見られた、立ち上がったり尻っ跳ねをする面がほとんど無くなりました。夏を越えて少しお姉さんになったようです。

・気の強さから来る切れる末脚が持ち味です。阪神競馬場はチューリップ賞と桜花賞としっかり脚を使っています。200m伸びますがムキになって走る面も無く折り合いも付きやすいので大丈夫でしょう。

・すんなりゲートインをしてポンとスタートを切ってレースをして欲しいですね。良い状態でレースに挑めます。オーナーの期待に応えたいという気持ちも大きくここが勝負だと思っています。

〔取材:檜川彰人〕