【2歳未勝利】(阪神1R、2R、3R)~ルガーサント、アポロアベリア、ジュンライトボルトが勝利 [News]
2019/09/07(土) 13:35
阪神1Rの2歳未勝利(芝1400m)は6番人気ルガーサント(斎藤新騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒4(良)。3馬身差の2着に8番人気ノーブルライガー、さらに3/4馬身差の3着に7番人気スマートクリオスが入った。

ルガーサントは栗東・西村真幸厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母アワーオアシス(母の父デザートキング)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ルガーサント(斎藤新騎手)
「小倉の時はテンションが高いと聞いていましたが、待避所では落ち着いていましたし、ゲートの中では大人しかったです。上手にスタートを切ってくれて、楽に先手を奪えて、楽だったのもありました。直線でも伸びてくれました。この時計なら上のクラスでも楽しめるでしょう」

2着 ノーブルライガー(高倉稜騎手)
「ここ2走に比べると、しっかりとハミを取れていました。展開やペース、馬場も向いていたと思います。ここ2走から前進があったと思います」

3着 スマートクリオス(岩田望来騎手)
「ゲートの一歩目で遅れましたが、二の脚がありました。良い感じで運べました。前が楽に行っていた分置かれてしまいましたが、2走目にしては良かったです」

4着 グランフェスタ(菱田裕二騎手)
「まだ他の馬を怖がったりするところがあります。それでも頑張って走ろうとしています。無事に成長してくれればと思います」

5着 ジェットマックス(武豊騎手)
「良い馬ですが、まだ若さがあります。フラフラと走っていますし、集中して走れていません」


阪神2Rの2歳未勝利(ダート1800m)は2番人気アポロアベリア(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒3(良)。半馬身差の2着に10番人気ロードグリュック、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気ユキノグローリーが入った。

アポロアベリアは栗東・山内研二厩舎の2歳牡馬で、父アポロソニック、母キタノオペラ(母の父グランドオペラ)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アポロアベリア(松山弘平騎手)
「少しワンペースと言いますか、長く脚を使うという話を聞いていました。マイペースの競馬をしようと思っていましたし、思った通りの競馬ができました。最後まで力強くふんばってくれました」

2着 ロードグリュック(川須栄彦騎手)
「返し馬からダートの走りは良かったです。道中も馬を遊ばせないように、気を抜かせないように気をつけました。しっかりと脚を使ってくれました。3着馬を交わした時に勝てそうだと思いましたが、勝ち馬にうまく逃げられました。それでも内容としては、次も楽しみです」

3着 ユキノグローリー(和田竜二騎手)
「リズム良く先行して行きました。右手前でずっと走っていたので、手前を変えたら違っていたと思います。ダートは良いですし、次もチャンスはあると思います」

11着 ピエナボヘミアン(柴田未崎騎手)
「砂を被って嫌気が差していました。体も緩かったですし、2回目で砂を被ったことが(敗因として)あると思います」


阪神3Rの2歳未勝利(芝1800m)は1番人気ジュンライトボルト(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。半馬身差の2着に2番人気ドゥーベ、さらにハナ差の3着に3番人気ラインオブダンスが入った。

ジュンライトボルトは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スペシャルグルーヴ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ジュンライトボルト(福永祐一騎手)
「初戦は馬場が悪かったのもありますが、嫌々走っていました。今日は気持ちの面を重視して、ポジションを気にせずに行きました。良い脚を使ってくれました。良かったです」

2着 ドゥーベ(川田将雅騎手)
「まだまだ幼いので、能力を出し切れないままレースが終わっている感じです。一つずつ成長してくれれば良いと思います」