【京成杯オータムH】美浦レポート~ロードクエスト [News]
2019/09/04(水) 14:45
9月8日(日)に中山競馬場で行われる第64回京成杯オータムハンデキャップ(GIII)に出走予定のロードクエスト(牡6歳、美浦・小島茂之厩舎)について、小島茂之調教師のコメントは以下の通り。

(前走は関屋記念で6着でしたが、振り返ってください)
「上がり3ハロンはかなり速い脚を使ってくれたのですが、展開が向かなかったです。また、馬を抜くときにフワフワしているということだったので、前走後にジョッキーと改善策を話し合いました。上がり3ハロンで31.9という脚を使ったことは素晴らしいですが、それで入着できないとなると、色々と考えなくてはならないなと思いましたね」

(中3週の様子はいかがでしたか?)
「短期の放牧へ行き、帰ってきてからは微調整程度で、最近の良い状態を維持できています。元々、硬いところがある馬なのですが、今回はいつもより硬さがないですね。ただ、スワンステークスを勝った時はゴツゴツしていたので、結果と硬さがどこまで繋がるのか分かりませんが、乗っている我々の感触としては柔らかみがあって良いですね」

(1週前追い切りはいかがでしたか?)
「元々、坂路は終いが少しズブくなる馬なのですが、それでもしっかりと最後まで走れていましたし、バランス良く走れていたので、いつも通り良い状態で当該週を迎えられそうだな、という1週前追い切りでした」

(最終追い切りはデムーロ騎手が騎乗しましたね)
「ここのところずっと使ってきたので、軽くの調整でも良いと思いますし、ずるいというか、ふざけたところが出てきているのでそこを注意しても良いですし、内容についてはとにかくデムーロ騎手にお任せしました。追い切りは結構後ろからだったので、流す感じなのかなと思ってみていましたが、最後はやはりふわっとしたようで、かなりビッシリ追っていたなぁという印象でした」

(1週前追い切りではチークピーシーズを着けて、今回は着けていませんでしたが、何か意図はあるのですか?)
「今日も一応チークピーシーズを持っていったのですが、デムーロ騎手とも相談したところ、先週一度着けているので、あとは競馬だけ着ければ良いということで、今日は外しました」

(前走と比べて総合的な状態はいかがでしょうか?)
「強く追いきったことにより、今日の午後、そして明日に、どれぐらい硬さが出るのか、そしてその硬さをどれだけレースまでに取ることができるのか、ということがポイントですが、ひとまず現時点では、終わった後の息づかいとしてはいつも通りですね」

(中山1600メートルという条件は?)
「他の馬との兼ね合いもあるので何とも言えない部分はありますが、過去に勝っているという点では良いイメージを持って臨めるかと思います」

(最後に意気込みをお願いします)
「勝てる競馬をしなければと思っています。少し不器用な馬なのでなかなかはまらないですが、不器用なりに段々とコントロールしやすくなってきているので、それが結果に繋がればと思っています。ここを勝っても、残念ながらサマーマイルシリーズのチャンピオンにはなれませんが、シリーズの最終戦を勝つつもりでレースに臨みたいです」

(取材:小屋敷彰吾)