【紫苑S】美浦レポート~カレンブーケドール(国枝調教師) [News]
2019/09/04(水) 14:20
 9月7日(土)に中山競馬場で行われる秋華賞トライアル第4回紫苑ステークス(GIII)に出走予定のカレンブーケドール(牝3歳、美浦・国枝厩舎)について、国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

(前走のオークス2着を振り返ってください)
「スイートピーステークスを使ってから状態が良かったので、そこそこやれるのではと思っていましたが、本当によく頑張ってくれて、一瞬夢をみました。最後まで食らいついてくれて満足しています」

(3か月半の中間の様子)
「一旦牧場の方へ出して、秋華賞の前に紫苑ステークスを使うということで8月初旬に帰厩しました。特に暑さがトラブルになることはありませんでしたが、真夏に急にピッチを上げるわけにもいかないので、じっくり調整してきました。夏は順調に過ごせました」

(1週前追い切りは坂路で行われましたがいかがでしたか?)
「一生懸命走っていましたが、まだ少し重いかなという感じはしていました」

(今朝の追い切りも坂路でしたね)
「先週やっていた分、今日は動きが軽くなっていて、騎乗した津村騎手もいい感じだと話していたので、大丈夫かなと思います。終いサッと動けていて、だいぶできてきた印象です」

(中山2000メートルという条件は?)
「中山コースなので、やはりレース巧者である馬の方が良いと思います。その点、この馬はどんな競馬でもできそうなので良いと思いますよ。前走のオークスのように、ある程度の位置で前を見ながら行ってほしいです」

(秋の始動戦となりますが、意気込みをお願いします)
「春はオークスで頑張ってくれたので、秋も三冠最終戦に向かって頑張っていきたいと思います」

(取材:小屋敷彰吾)