【札幌2歳S】(札幌11R)~ゴールドシップ産駒のブラックホールが快勝 [News]
2019/08/31(土) 17:23
札幌11Rの札幌2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は5番人気ブラックホール(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(稍重)。1馬身1/4差の2着に3番人気サトノゴールド、さらに1馬身3/4差の3着に2番人気ダーリントンホールが入った。

ブラックホールは美浦・相沢郁厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドシップ、母ヴィーヴァブーケ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックホール(石川裕紀人騎手)
「前走はレースの前に落鉄してぎこちない競馬でしたが、勝ってくれて、重賞でもやれる勝ち方でした。自信を持って今日は乗りました。小柄な馬ですが、バネのきいた走りをする馬です。これから一つ一つ覚えて大きなところへ向かえるといいと思います。ゴールドシップの初年度産駒で成長することに期待したいです。僕自身あまり北海道で勝てなかったのですが、最後に勝つことができてすごく嬉しいです」

3着 ダーリントンホール(池添謙一騎手)
「二戦目でテンションが少し高かったのですが、レースでは落ち着いて走ってくれました。勝負どころで前の馬が下がってスムーズに捌ききれませんでした。それでも3着になり、力はある馬です。もったいなかったです」

6着 ゴルコンダ(C.ルメール騎手)
「スタートで躓きました。後ろの脚の蹄鉄がズレていました。大きな馬で今日の馬場は合わず、もっと軽い馬場の方が走れます。3~4コーナーではあまり反応が無く、4コーナーで少し動いたぐらいでした。大きな馬ですが、今日はプラス6kgで少し重たい感じでした」

7着 コンドゥクシオン(丸山元気騎手)
「のめっていました。道中走りづらそうで、良馬場ならもっと走れたと思います」