2020年札幌競馬開幕まで、あと331日...かな? [実況アナ!]
2019/08/29(木) 13:05
 万馬券を愛する皆さん、早いものです。もう今週で夏競馬が終了します。今年は梅雨明けが遅く、「暑い、暑い」と言っていたのもお盆ぐらいまででした。全く物足りない気持ちですが、最終週に賭けたいと思います。

 なんとも寂しい気持ちですが、夏競馬前半の7月を振り返ります。7月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

7月6日(土)福島・12レース 3連単167万7580円(実況担当・中野)
7月13日(土)中京・6レース 3連複103万5400円(実況担当・米田)
7月13日(土)中京・6レース 3連単607万8990円(実況担当・米田)
7月21日(日)中京・7レース 3連単110万220円 (実況担当・中野)
7月27日(土)小倉・1レース 3連単123万9220円(実況担当・山本直)

★7月7日(日)プロキオンS&七夕賞
 福島10R(3番人気)・11R(3番人気)...山本直也アナ
 中京10R(11番人気)・11R(2番人気)...檜川アナ
 函館11R(1番人気)...小塚アナ
<払戻金>333万320円

★7月14日(日)函館記念
 福島10R(4番人気)・11R(5番人気)...佐藤アナ
 中京11R(1番人気)...檜川アナ
 函館10R(3番人気)・11R(1番人気)...小林アナ
<払戻金>76万940円

★7月21日(日)函館2歳S&中京記念
 福島10R(3番人気)・11R(3番人気)...小林アナ
 中京10R(11番人気)・11R(2番人気)...中野アナ
 函館11R(1番人気)...山本直アナ
<払戻金>132万5370円

★7月28日(日)クイーンS&アイビスSD
 新潟10R(1番人気)・11R(1番人気)...大関アナ
 小倉10R(2番人気)・11R(4番人気)...山本直アナ
 札幌11R(1番人気)...小塚アナ
<払戻金>3万70円

 続いて7月終了時点の各アナウンサーの打率(万馬券となったレースの数÷レース実況数)を発表します。

中野   7割9厘7厘
小塚   7割6分1厘
山本直  7割4分3厘4毛
小林   7割4分2厘9毛
米田   7割3分6厘
米田   7割3分6厘
佐藤   7割3分1厘
山本直也 7割2分8厘
檜川   7割3厘7毛
小屋敷  7割3厘7毛(参考記録)
大関   7割1厘

 まず7月の月間MVPの発表です。選考委員会で満場一致で米田アナとなりました。他の大万馬券はみんな100万台だっただけに米田アナが実況したレースの607万は輝いて見えます。このレースでは3連複も100万オーバーとなりました。その点も評価されてのMVPです。

 そしてリーディング争いです。こちらは中野アナが首位をガッチリとキープしています。打率を上げて、8割台に戻るかという勢いです。彼が実況するレースはコンスタントに荒れます。7月は20打数18安打ですからたいしたものです。2位は小塚アナで、こちらも変わりありません。しかし、首位とは差が開いてしまいました。なんとか食い下がって秋に逆転を狙いたいところです。
 3位には山本直アナが上がってきました。山本直アナは夏の小倉開催のオープニングレースでいきなり100万オーバーのレースを実況しました。彼は今年、関西の最初のレースを実況して、そのレースが大万馬券となったことを覚えていますか?今年1月5日の京都競馬第1レースは山本直アナが実況して、3連単が137万馬券だったのです。彼が開催初日の第1レースを実況する場合は要注意です。今後も「先頭打者ホームラン」があるかもしれません。その山本直アナと差のない4位が私小林です。じわじわと上位に接近しています。まだ私は諦めていません。

 一方、殿とブービーは変わりありません。7割台ギリギリで大関アナが殿で、ブービーが檜川アナというコンビは今年も定位置のようです。どうもこの二人はコンスタントに万馬券レースを実況出来ないのです。

 さて、秋競馬を迎える前に来年の夏の札幌競馬に目を向けてみたいと思います。来年の2020年はオリンピックイヤーです。東京オリンピックは来年の7月24日に開会式が行われます。この日は金曜日です。となると、翌日7月25日の土曜日が札幌競馬の初日ということになるのではないでしょうか?例年の日程で考えると、おそらくそうなります。10月に発表される2020年の日程が待ち遠しいところですが、そう考えれば東京オリンピックまでの残りの日数に1を足せば札幌競馬開幕までのカウントダウンが出来るわけです。

 今日8月29日のスポーツ新聞には「東京五輪まであと330日」と書いてあります。ですから、来年の札幌競馬までは1を足して331日となります。東京オリンピックの各種目の代表がこれから続々と決まっていきます。もう1年ないのです。すぐにその日はやってきます。ああ、東京オリンピックと札幌競馬が楽しみです!