【札幌記念】(札幌)~グランプリホースのブラストワンピースが完勝 [News]
2019/08/18(日) 18:59
札幌11Rの第55回札幌記念(3歳以上GII・芝2000m)は3番人気ブラストワンピース(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒1(良)。クビ差の2着に4番人気サングレーザー、さらに1馬身差の3着に1番人気フィエールマンが入った。

ブラストワンピースは美浦・大竹正博厩舎の4歳牡馬で、父ハービンジャー、母ツルマルワンピース(母の父キングカメハメハ)。通算成績は10戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラストワンピース(川田将雅騎手)
「雰囲気は良かったです。最内枠で苦しいレースになりましたが、最後は力でねじ伏せてくれました。結果が出てホッとしています。凱旋門賞を見据えての出走でしたが、この結果を持って、胸を張って日本代表としてレースまでの時間を過ごしてほしいと思います」

(大竹正博調教師)
「ゲートは出たと思ったのですが、進んでいかなくてどうするのかな、と見ていました。逃げた馬がいいペースを作ってくれて、スペースが出来ていたのが良かったです。瞬発力勝負だと分が悪いと思っていましたし、ペースが流れて、勢いをつけて動けたのが良かったです。コース適性も味方してくれたかなと思います」

2着 サングレーザー(岩田康誠騎手)
「あの枠順から内へ入れて、理想的なレースでした。上手く抜けてこられたのですが...」

3着 フィエールマン(C.ルメール騎手)
「良い競馬が出来ました。狭いコース、短い距離でしたし、エンジンの掛かりが遅かったです。次は良くなると思います。良い休み明けでした。これからパワーアップしてくると思います。まだ経験はありませんが、2400mがベストだと思います」

4着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「両前脚を落鉄していました。思い通りのレースが出来ました。手応えも雰囲気も良かったのですが、伸び切れなかったのはそのあたりですね」

5着 ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手)
「よく頑張りました。ノドの心配をしていましたが、レースでは大丈夫でした。手応えは抜群でしたが、外へ出すとフワッとしていました」