【天草特別】(小倉)~中団で競馬をしたタガノファジョーロがハナ差捉える [News]
2019/08/18(日) 17:55
小倉9Rの天草特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)は3番人気タガノファジョーロ(鮫島良太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒2(稍重)。ハナ差の2着に7番人気ゲンパチルシファー、さらにクビ差の3着に4番人気ゴールドラグーンが入った。

タガノファジョーロは栗東・角田晃一厩舎の3歳牡馬で、父バゴ、母ラヴソレイユ(母の父フジキセキ)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノファジョーロ(鮫島良太騎手)
「いつもより位置を取れたので、ある程度前を射程圏に入れながらレースをしました。最後はアップアップでしたが、きっちり交わしてくれました。3~4コーナーでは、手応えが良くなかったのですが、外に出してからの方がしっかりと脚を使ってくれました。外に出した方が良いと思います。力をつけています」

2着 ゲンパチルシファー(中井裕二騎手)
「よく頑張りました。したかった競馬をしての結果だったので、正直に言って悔しいです。それでも成長していますし、さらに良くなる余地があると思います。次もまた楽しみです」

3着 ゴールドラグーン(松山弘平騎手)
「スタート良く、2番手でレースをしました。直線で一瞬やったかなと思いましたが、最後で甘さが出ました。同型もいましたが、おさまりはついていました。このクラスでも通用する馬だと思います」