【北九州記念】栗東レポート~アレスバローズ [News]
2019/08/14(水) 15:14
☆18日(日)小倉競馬場で行われる第54回北九州記念(GIII)に出走を予定しているアレスバローズ(牡7、角田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎アレスバローズについて、角田晃一調教師

・(前走のCBC賞2着は)もともと雨は苦手な馬でしたが、あそこまで馬場が悪くなると馬ものめらずに競馬を進めることができたみたいで最後は地力勝負になった中、本当によく頑張って走ってくれたと思います。ハンデ(57.5kg)は見込まれていましたが実績もあることですし実際2着に来ていますからね。

・(中間は)前走後は一旦短期放牧に出して疲れも無いということだったので予定通りこのレースを目標に入厩させて順調に追い切りもこなしています。この(暑い)時期がすごくいい状態になるのかなと思ってみています。

・(一週前追い切りは)折り合いをつけてラストを伸ばす感じにやりました。非常に動きもキビキビとして、この暑さに強い馬なりの動きをしていました。(今日の最終追い切りは)馬ナリで行って最後もスッと離す程度で終始馬ナリでした。馬場開場から40分以上経っている時間での荒れている馬場でしたがそれを苦にするところも無くいい動きをしていたのでいい状態でレースに臨めると思います。

・小倉の芝1200mは実績があります、あとは極端な枠順とか(レース中)不利が無ければと思います。(57.5kgが2戦続きます)この馬としては苦にしませんが、他の馬との差があるのでその点はわかりません。ただこの馬の持ち味をしっかり生かしてレースをしてもらいたいですね。いい状態で挑めますサマースプリントのチャンピオンを目指すので応援して下さい。

〔取材:檜川彰人〕